ビールにアルコールの製造過程からご解説 ビールのアルコール「度数」についてご解説

このコンテンツでは、ビールのアルコールの秘密や度数についてご解説致します。

Scroll down

なぜ、ビールにアルコールが含まれているのか

酵母の働きで原料を発酵させて造るアルコール飲料を「醸造酒」と言います。ビールの他にも、ワインや日本酒も同じ「醸造酒」です。同じ「醸造酒」の発酵方法でも、アルコール発酵に必要な糖が果汁にもともと含まれていて、果汁と酵母だけで造られるワインは「単発酵」、お米のデンプンを麹菌の酵素で糖に分解しながら、同時に酵母で発酵を行う日本酒は「並行複発酵」と呼ばれています。

ビールは単行複発酵で作られる

ここでビールの仕込工程からアルコール発酵までのおもな流れをご説明致します。

まずは、「酵素の活性化」。主原料の大麦を麦芽にする製麦工程を行い、麦芽中の酵素を活性化させます。この工程により原料を糖化させる準備が整います。

次に、「酵素の作用で糖を増やす」。麦汁を作る仕込工程において麦芽の酵素が作用し、原料に含まれるデンプンが糖に変わります。このようにして、アルコール発酵に必要な糖の量を増やしていきます。

そして、「酵母を加えてアルコール発酵」。必要量の糖が含まれた麦汁に酵母を加えると、糖は酵母の働きによりアルコールと炭酸ガスに分解されます。これがビールの原型で「若ビール」と呼ばれます。

以上のように、デンプンを糖にするための工程が、酵母のアルコール発酵とは別々に行われるため、ビールの発酵方法は「単行複発酵」と言われます。

ビールのアルコール「度数」「%」

アルコール表記で目にするものに、「度数」と「%」があると思います。言い方は異なりますが、どちらも同じです。お酒に含まれるエチルアルコールの割合を示す数値であり、日本酒や焼酎では度が使われることが一般的です。また、ワインやビールでは%が使われることが多いです。

ビールと他のお酒とのアルコール度数比較

ビールのアルコール度数は平均5%程度が多く、黒ラベルのアルコール度数も5%です。ワインはアルコール度数が10%〜15%程度のものが多く、またウイスキーが40%〜55%程度となっています。
結論、単純にアルコール度数だけで比べるとビールはアルコール度数が低いアルコール飲料です。ですが、ビールの爽快感や飲みやすさから、他のアルコール飲料に比べて「量」を飲めてしまうのもビールです。食事と一緒にゆっくりと楽しみ、適度な飲酒を守って楽しくビールライフをお過ごしください。

黒ラベル THE BARで「完璧な一杯」を

当店では最新式のビールサーバーを使用し「完璧な一杯」を実現するため日々取り組んでいます。当店で手入れの行き届いた黒ラベルをお楽しみいただけますと幸いです。皆様のご来店心よりお待ちしております。

アクセスACCESS

お店を探す

経路案内

電話で予約

Phone 050-5811-5682