ビール特有の「苦味」この苦味が「美味しい」と感じる理由 いつの間にか、ビールが美味しく感じる。科学的な理由とは。

ビールの苦味を美味しいと感じるには、「経験」と「知識」が大きく関わっています。このコンテンツでは、化学的な視点から「ビールが美味しく感じる瞬間」についてご説明致します。

Scroll down

ビールの苦味は「ルプリン」が作り出す

ビールに印象的な苦みをつけるのは、ホップという植物です。このホップは「ビールの魂」とも呼ばれ、ビールを醸造するのには欠かせない存在です。このホップは雄株と雌株が別々に生える植物であり、ビール醸造では未受精の雌株の球果を使用します。球果の中心部には黄色の粒状のものがついており、これを「ルプリン」と呼びます。この「ルプリン」には、ビールには欠かせない香りや苦みの成分が含まれています。ですが、ホップを加えるだけでは苦味は生まれません。煮沸されることによって初めて苦味を呈していきます。このコンテンツでテーマである、ビールの苦味を生み出す重要な役割を果たしています。

本能的に除外してしまう「苦味」

皆様が幼い頃、ピーマンが苦手だった方もいらっしゃるのではないでしょうか。それは、単なる好き嫌いではなく、「本能的」に苦味を除外していたからなのです。産まれたばかりの時は、「甘味」と「塩味」を美味しいと感じます。逆に、「酸味」と「苦味」は不味いと感じます。これは、正常な判断です。なぜならば、酸っぱいものは腐敗し、苦いものは毒かもしれない、という本能の判断基準から成り立っているものだからです。

経験から学ぶ「苦味」の美味しさ

本能的には、苦味を嫌いますが、「良薬口に苦し」の言葉の通り、人間は長い歴史の中で苦味を持つものも口にしてきました。苦くても栄養素が豊富なものも存在します。産まれてから、これまでに沢山の「食の経験」を積むことにより、本能的に嫌う味覚を受け入れられるようになります。大切なのは「苦味」があっても食べられるものであるという「経験」、そして食べても「安全」なものであるという「知識」です。

ビールは苦いものから、美味しいものへ

人生で最初のビールの一杯には、どの様な思い出がありますでしょうか。やはり、「苦い」と思った、という方が多いのではないでしょうか。その時と比べてみると、最高の一杯になっている方が多いはずです。ビールは、ほとんどの方が苦くて美味しくない、と思うかもしれませんが、体が「安全」であると認識すると美味しく変化していきます。苦味は時に、「大人の味」と表現されます。まさしく、ビールは大人の味です。

大人だから楽しめるビールの味

苦味は時に、「大人の味」と表現されます。まさしく、ビールは大人の味です。

当店では最新式のビールサーバーを使用し「完璧な一杯」を実現するため日々取り組んでいます。当店で手入れの行き届いた黒ラベルをお楽しみいただけますと幸いです。皆様のご来店心よりお待ちしております。

アクセスACCESS

お店を探す

経路案内

電話で予約

Phone 050-5811-5682