ビールの種類や分類の仕方まで正しい知識を伝授

エールやラガーなど、少々複雑なビールの世界。
ですが、知るともっとビールが美味しく感じられる様になります!
今回は少しでも分かりやすく、ビールの種類や分類の仕方をご説明致します。

Scroll down

「ラガー」と「エール」とは

黒ラベルは、「ラガー」と「エール」どちらに属するかご存知でしょうか。答えは、「ラガー」でございます。ラガーの特徴は、爽快な喉越し、すっきりとした口あたり、程よい苦味とモルト(麦芽)のシンプルな味わいが特徴です。
上面発酵で造られるビールを「エール」、そして下面発酵で造られるビールを「ラガー」と言います。

上面発酵と下面発酵で変わる分類

【エール(上面発酵)】
古くからのビールの造り方です。酵母が麦汁の表面に浮き上がっていくので上面発酵と呼ばれます。常温〜やや高温で発酵し、発酵期間は3〜4日。(その後の熟成期間は約2週間程度)

【ラガー(下面発酵)】
中世以降始まった造り方です。酵母がタンクの底に沈んでいく為、下面発酵と呼ばれます。5度前後の低温で発酵し、発酵期間は7〜10日。(熟成期間は約1ヶ月程度)

つまり、ビールを作っている内に酵母が沈むか浮いてくるかの違いです。ビールの製造過程を見る機会はなかなかないのでイメージしにくいのですが、この酵母が上に浮いてくるか、沈んでくるかで大きく味わいは変わってきます。酵母が上に上がってくるエールは、一般的に濃厚で芳醇と言われています。それに対して、酵母が下に沈むラガーは喉越しが良くごくごく飲めると言われています。

3種類の注ぎ方で大きく変わる味わい

ビールの分類はまだまだ細分化できます

今回は、エールとラガーの分類について、注ぎ方の違いによる味わいの変化について、主にご紹介しましたが、実はもっともっと奥が深いビールの世界。これからも、ビールの情報を発信してまいります。是非、お楽しみにお待ちくださいませ。

当店でビール談義をしませんか。気になるビールのあれこれを、スタッフがご説明致します。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

2021年4月15日

アクセスACCESS

お店を探す

経路案内

Phone 050-5811-5682